無添加ドッグフード プリモ通販 カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

無添加ドッグフード プリモ通販 店長コーナー

携帯サイトはこちら!










愛犬の健康

それは家族みんなの願い。

私は2年前、28歳の時に末期ガンで余命半年の宣告を受けました。

 

奇跡的にガンは消え、現在では以前と変わらない生活を送ることができています。

自分がなぜガンになったのか?

それはわかりません。

でも1つ言えること、それは

『自分の大事な家族に同じ目に遭わせたくない』ということ。

ペットも家族。

いつも帰りを待ってくれている愛犬が健康でいるには何が必要か。

それは食事が1番ではないでしょうか。

現在では人間と同じようにガンや大きな病気にかかるワンちゃんの話をよく耳にします。

発がん性のあるものや身体に害のあるものは食べさせたくないと思うのはみなさん同じだと思います。

『cafe-meets』で愛犬が健康でいるためにはどうすべきなのかを一緒に考える場所になれたら、

そんな思いで始めました。

よろしくお願い致します。

無添加ドッグフード プリモ通販 店長日記はこちら

無添加ドッグフード プリモ通販 Feed

  • RSS
  • ATOM

一般的にドッグフードを作る場合「エクストルーダー」という機械を使います。


原材料に200度以上の加熱をして加工し、成型段階で発泡させて大きく膨らまして、出来上がります。


メリットとして


・穀物を完全にアルファー化(胃の中で消化しやすい状態にする)することができます。


・高温・高圧で製造するため、質の悪い材料を使った場合でも高熱で殺菌できます。


・プラスチックなどのゴミが入っていても熱で溶けるので、ゴミのないフードが製造できます。


・大量生産が出来ます。


メーカー側には都合の良いメリットが沢山あります。


しかし、犬の健康にとってはそうではありません。


ドッグフードを作る工程で、何度も高温で熱を加えると本来、必要とされる栄養素が 破壊されてしまうと同時に


犬の皮膚を初めとして、身体の全てにおいて悪い影響を及ぼす 原因となる「油の酸化」が更に進んでしまうのです。


それなら高温で熱を加えなければ油の酸化も少なく済むので 低温で製造すればいいのですが、それには大変時間が掛かってしまうのです。


大量生産するには、大きなデメリットとなります。


大量生産の為、長期保存、更なる油の酸化を抑える為にも酸化防止剤や添加物を使用しなければならないのです。


この酸化防止剤添加物が犬の健康に悪い影響を及ぼす最大の原因なのです。



■プリモフード ベーシック 1kg■
■プリモフード ベーシック 3kg■
■プリモフード ベーシック 5kg■
■おためしフード450g(送料込み)へ
■無添加おやつ一覧へ
■無添加シャンプーへ
■サプリメント一覧へ
■皮膚トラブルの予防や被毛の美しさを保つ 国産 亜麻仁油へ
■ホームへ戻る